2006-07-15

初レース前日練習


レースを翌日に控えて,今日は,実際のコースで試走をした.コースの印象は次のとおりだ.コースは大きく分けて3つのパートに分けられる.

最初の1/3は,急な下り坂とコーナーである.これらの技術をよく知らず,自信がないため,落車を恐れて,どうしてもブレーキを利かせてしまう.次の1/3は,主に200m以上続く上り坂が数回続く.レースでの勝敗は,主にここで差がつくのかもしれない.最後の1/3は,ゴール前(スタート地点)の向こう側を緩やかに下る直線と,最後の緩やかな登りのカーブで,その直後がゴールとなる.ゴール付近に十分な直線がないので,この下り付近からスプリントを始めないと,先頭集団から抜け出すのは難しい.

1週をゆっくり走ってから,そのまま4週をレースを想定して走った.基本的に,登りではダンシングをして走ったが,それほどは消耗しなかった.本番では,どんなスピードのレースになるのか想像もつかないので,出来る限り,軽いギヤ,高ケイデンスで登るのが良いのかもしれない.

試走の後,帰宅してから,近所の銭湯でゆっくり着んイクをほぐし,ストレッチをした.炭水化物やタンパク質などの補給も充分で,後は,寝坊せずに充分んい早い時間に開場入りすることだけだ.23:30には,布団に入った.

なぜか始めた自転車競技だが,はじめてのレースが実家の群馬県で開催され,家族との時価の過ごせたことは,本当に素晴らしいことだった.そして,嫌な顔一つせず試走につきあってくれた父親や,食事などのことを気にしてくれた母親,応援してくれた弟たちにも感謝したい.

No comments: